カテゴリー別アーカイブ: 陳弁護士の事件簿

第228回 消費者の意思に反する状況をいかに判断するか?

『陳弁護士の法律事件簿』(第228回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

消費者の意思に反する状況をいかに判断するか?

甲社は上海市に登記登録をしている、あるブランド自動車の販売及びアフターサービスを主要業務とする自動車販売会社である(「4S店」ともいう)。

続きを読む

第226回 業界団体による権利侵害に対し訴訟を提起できるか?

『陳弁護士の法律事件簿』(第226回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

業界団体による権利侵害に対し訴訟を提起できるか?

業界団体甲の会員である原告A社は、2006年に訴外の某展示会企画会社と共同で展示会を開催し、展示会に出展する各企業に対し出展ブース料を徴収するつもりであった。

続きを読む

第225回 許可されていない場合、残業とみなされるか?

『陳弁護士の法律事件簿』(第225回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

許可されていない場合、残業とみなされるか?

甲が勤める広告会社は、取引先の要求及び業務上の必要に応じて突発的な残業をして資料を作成することが多い。

続きを読む

第224回 外商投資企業届出に関する新規定

『陳弁護士の法律事件簿』(第224回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

外商投資企業届出に関する新規定

2016年9月3日、『全国人民代表大会常務委員会による〈中華人民共和国外資企業法〉等四部の法律の改正に関する決定』(以下『決定』という)が可決された。

続きを読む

第223回 コンピューターフォントライブラリーの特殊文字使用には料金がかかるのか?

『陳弁護士の法律事件簿』(第223回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

コンピューターフォントライブラリーの特殊文字使用には料金がかかるのか?

近年、北京北大方正電子有限公司(以下「北大方正」という)等のコンピューターフォントライブラリー企業が多くの著名企業に対し、文書や弁護士による書状を発送したり、さらに権利を守るために裁判所に訴訟を提起したりする事件が相次いでいる。

続きを読む

第222回 氏名を無断使用された場合、法はいかに救済するか?

『陳弁護士の法律事件簿』(第222回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

氏名を無断使用された場合、法はいかに救済するか?

張さんは有名なスポーツスターである。ある日、張さんは自分の氏名が、ある化粧品の商標に使用されていることに気づき、大変立腹し、「当該化粧品会社が自分の権利を著しく侵害し、化粧品を購入しようとする大衆に悪影響を及ぼした」と判断し、商標主管部門に対し商標を無効と認定するよう請求した。

続きを読む

第221回 インターネット告発の適正な取扱い

『陳弁護士の法律事件簿』(第221回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

インターネット告発の適正な取扱い

王さんは国内の複数の自動車メーカーに部品を提供するA社に勤めている。仕事において王さんは、「A社はコストを削減するために粗悪な原料を仕入れ、業界基準に合致していない」と判断し、A社の仕入れた原料の写真を撮り、原料写真及び書面告発資料を当地の市場監督管理部門に提出してクレームをつけた。又、王さんはそれらの原料写真及び書面告発資料をミニブログに投稿し、「リツイートを求める」や「関心を求める」コメントを入れた。

続きを読む

第220回 地下駐車場の所有権は誰に帰属するのか?

『陳弁護士の法律事件簿』(第220回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

地下駐車場の所有権は誰に帰属するのか?

甲さんは不動産を購入する際に、今後駐車の利便性を図るために、不動産開発事業者と地下駐車スペースに関する譲渡協議書を締結し、80000元で一つの地下駐車スペースを購入した。

続きを読む

第219回 労働関係回復に係る紛争処理期間に対する賃金支払基準

『陳弁護士の法律事件簿』(第219回)
GP パートナーズ法律事務所 陳 文偉

労働関係回復に係る紛争処理期間に対する賃金支払基準

上海市第二中級人民法院が審理したある労働紛争案件において、原告は、「労働関係を回復し、労働者に対し紛争期間の賃金を支払うべきである。」と主張し、これについて一審裁判所は、「雇用企業が一方的に労働関係を解除し、労働紛争を引き起こし、審理を経て労働関係を回復すべきであると判定された場合、雇用企業は労働者に対し、仲裁・訴訟期間の賃金を支払うべきである、賃金支払基準は、雇用企業の労働関係解除決定が下される前12か月間の労働者が就いていた職位の平均賃金に基づき確定する。」と判断した。

続きを読む